ブログ

双極性I型障害(Bipolar I disorder)とは

双極性I型障害(Bipolar I disorder)は、躁と鬱の状態を特徴とする精神疾患である。双極性障害のいくつかのタイプのうちの1つで、双極性II型障害も一般的なタイプです。

双極I型障害では、気分が高揚し、エネルギーが高まり、衝動的な行動をとる躁病のエピソードがみられます。躁病のエピソードでは、多幸感を感じたり、思考が奔放になったり、危険な行動をとったり、睡眠の必要性が低下したりすることがあります。躁病のエピソードは少なくとも1週間は続き、入院が必要なほど重症化することもあります。

躁病エピソードに加えて、双極性I型障害の患者さんは、うつ病状態も経験します。悲しみ、絶望感、エネルギー低下、活動への興味喪失などの感情を特徴とします。これらのうつ病状態は、数週間またはそれ以上続くことがあります。

双極性I型障害の正確な原因は不明ですが、遺伝的、環境的、神経学的な要因が複合的に関与していると考えられています。多くの場合、青年期後半から成人期前半に発症しますが、小児期や晩年にも発症することがあります。

双極性I型障害は、通常、精神保健の専門家が症状、病歴、家族歴を徹底的に評価することによって診断されます。治療には、気分安定薬や抗精神病薬などの薬物療法と心理療法が併用されることが多く、症状の管理、自分の状態の理解、対処法の確立に役立ちます。

双極性I型障害の患者さんは、医療従事者と緊密に連携して、患者さんのニーズに合わせた包括的な治療計画を立てることが重要です。適切な治療とサポートにより、多くの双極性I型障害者は充実した生産的な人生を送ることができます。

このページに掲載されている企業・サービス等の基本情報は、当社が委託する外部パートナーが各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載をしています。情報の正確さについては、万全を期して掲載しておりますが、当社がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、大変お手数ですが、お問い合わせフォームよりお問合せをお願いします)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当社は一切の責任を負わないものとします。当社は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。

-ブログ
-

関連記事

来談者中心療法(Person-Centred Therapy)とは

来談者中心療法(Person-Centred Therapy)は、Client-Centred Therapyやロジャーセラピーとも呼ばれ、心理学者カール・ロジャースによって開発された心理療法の人文主 …

依存性パーソナリティ障害(Dependent Personality Disorder:DPD)とは

依存性パーソナリティ障害(Dependent Personality Disorder:DPD)とは、他人から世話を焼かれることを過剰に必要とする心理状態です。DPDの人は、一人でいることや、他者から …

小児期崩壊性障害(Childhood Disintegrative Disorder:CDD)とは

小児期崩壊性障害(Childhood Disintegrative Disorder:CDD)は、ヘラー症候群や崩壊性精神病とも呼ばれ、小児に発症するまれな発達障害である。自閉症スペクトラム障害(AS …

折衷的心理療法(Eclectic therapy)とは

折衷的心理療法(Eclectic therapy)とは、さまざまな理論的方向性や学派の心理療法の技法や原則を取り入れた治療法のことである。特定のアプローチに固執するのではなく、さまざまな治療モデルや介 …

スキーマ療法(Schema therapy)とは

スキーマ療法(Schema therapy)は、認知行動療法(CBT)、精神分析、愛着理論の要素を組み合わせた治療法である。1980年代に心理学者のジェフリー・E・ヤングによって開発され、スキーマと呼 …

キーワードを検索する

よく検索されるオンラインカウンセリングサービスの評判口コミ

相談内容からオンラインカウンセリングの評判口コミを探す

仕事・職場関係の評判口コミ

出産・育児・子育て関係の評判口コミ

メンタルヘルス・依存症関係の評判口コミ

恋人・恋愛・結婚関係の評判口コミ

家族・夫婦関係の評判口コミ

子供関係の評判口コミ

キャリア関係の評判口コミ

お金関係の評判口コミ

その他の評判口コミ

利用方法からオンラインカウンセリングの評判口コミを探す