ブログ

レット症候群(Rett syndrome)とは

レット症候群(Rett syndrome)は、主に女児に発症する稀な遺伝性疾患です。1966年にオーストリアの医師Andreas Rett博士によって初めて報告されました。レット症候群は神経発達障害に分類され、その症状は通常、幼少期に明らかになります。

ここでは、レット症候群に関するいくつかのポイントをご紹介します。

1.原因:レット症候群は、脳の発達と機能に関わるタンパク質を作り出すMECP2遺伝子の変異によって引き起こされます。レット症候群のほとんどの症例は散発性で、つまりランダムに発生し、遺伝はしません。しかし、ごく一部の症例では、影響を受けた親から遺伝することがあります。

2.症状:レット症候群は、正常な成長・発達の後に発達が退行することが特徴です。症状の程度は様々ですが、典型的には、目的を持った手のスキルの喪失、話し言葉の喪失、反復的な手の動き(手振りや拍手など)、歩行異常、呼吸異常(過換気や息止めなど)、認知障害などが見られます。レット症候群の方は、社会的相互作用が困難な場合が多く、発作を起こすこともあります。

3.ステージ:レット症候群は、一般的に4つの段階に分けられます。
a. ステージ1(早期発症):通常、生後6ヶ月から18ヶ月の間に発症する。症状としては、アイコンタクトの減少、目的意識をもった手の使い方の習得の遅れ、頭の成長の遅れなどがあります。
b. ステージ2(急速破壊期):通常、1歳~4歳の間に発症します。症状としては、運動障害、話し言葉の喪失、反復的な手の動きの出現などがあります。
c. ステージ3(プラトー期):通常、2歳から10歳の間に始まる。症状はある程度安定または改善しますが、運動能力やコミュニケーションに問題があることが一般的です。
d. ステージ4(後期運動機能低下):10代後半から成人期前半に発症する。運動能力の低下、脊柱管狭窄症、移動困難が見られます。

4.診断:レット症候群の診断は、主に臨床的特徴とMECP2遺伝子の変異を特定するための遺伝子検査に基づいて行われます。診断基準には、特徴的な症状の存在と、目的に応じた手のスキルの喪失が含まれます。

5.治療:法現在のところ、レット症候群の治療法はありませんが、治療は症状の管理と支持的なケアを行うことに重点を置きます。治療には、理学療法、作業療法、言語療法、行動介入などの集学的アプローチが必要です。発作、呼吸困難、運動障害などの特定の症状を管理するために、薬物療法を行うこともあります。

レット症候群に関する理解は常に進化しており、現在進行中の研究は、この疾患に関する知識の向上と潜在的な治療法の開発を目的としていることに留意することが重要です。もし、ご自身やお知り合いの方がレット症候群やその他の病気の可能性があると思われる場合は、正確な診断と適切な対処のために、医療専門家に相談することが重要です。

このページに掲載されている企業・サービス等の基本情報は、当社が委託する外部パートナーが各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載をしています。情報の正確さについては、万全を期して掲載しておりますが、当社がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、大変お手数ですが、お問い合わせフォームよりお問合せをお願いします)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当社は一切の責任を負わないものとします。当社は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。

-ブログ
-

関連記事

アスペルガー症候群(Asperger syndrome)とは

アスペルガー症候群(Asperger syndrome)は、アスペルガー障害または単にアスペルガーとも呼ばれ、以前は「精神障害の診断と統計マニュアル(DSM-5)」で明確な自閉症スペクトラム障害(AS …

広汎性発達障害(Pervasive developmental disorders:PDD)とは

広汎性発達障害(Pervasive developmental disorders:PDD)は、自閉症スペクトラム障害(ASD)とも呼ばれ、社会的相互作用、コミュニケーション、行動に影響を及ぼす神経発 …

ナラティブ・セラピー(Narrative therapy)とは

ナラティブ・セラピー(Narrative therapy)は、心理療法の一形態で、私たちが自分自身や自分の人生について構築する物語に重点を置いています。問題を個人から切り離したものとしてとらえ、個人が …

小児期崩壊性障害(Childhood Disintegrative Disorder:CDD)とは

小児期崩壊性障害(Childhood Disintegrative Disorder:CDD)は、ヘラー症候群や崩壊性精神病とも呼ばれ、小児に発症するまれな発達障害である。自閉症スペクトラム障害(AS …

神経性過食症・過食症(Bulimia nervosa)とは

神経性過食症・過食症(Bulimia nervosa)は、暴飲暴食の後に、自己誘発性嘔吐、過度の運動、下剤や利尿剤の誤用など、体重増加を防ぐための代償行動を繰り返すことを特徴とする摂食障害である。神経 …

キーワードを検索する

よく検索されるオンラインカウンセリングサービスの評判口コミ

相談内容からオンラインカウンセリングの評判口コミを探す

仕事・職場関係の評判口コミ

出産・育児・子育て関係の評判口コミ

メンタルヘルス・依存症関係の評判口コミ

恋人・恋愛・結婚関係の評判口コミ

家族・夫婦関係の評判口コミ

子供関係の評判口コミ

キャリア関係の評判口コミ

お金関係の評判口コミ

その他の評判口コミ

利用方法からオンラインカウンセリングの評判口コミを探す