ブログ

注意欠陥障害(ADD)または注意欠陥・多動性障害(ADHD)

注意欠陥とは、注意欠陥障害(ADD)または注意欠陥・多動性障害(ADHD)のことで、注意力の低下、衝動性、多動性を特徴とする神経発達障害である。これらの疾患は、通常、小児期に発症し、成人期まで持続することがあります。

ADD/ADHDの方は、集中力を維持すること、タスクを整理すること、指示に従うこと、タスクを継続することに苦労することがあります。また、衝動的な行動をとり、衝動を抑えることが難しく、落ち着きがなかったり、過剰に活動的になったりすることもあります。これらの症状は、学業成績、仕事の生産性、対人関係に大きな影響を与える可能性があります。

ADD/ADHDの正確な原因はわかっていませんが、遺伝的要因、環境要因、神経学的要因の組み合わせが発症に寄与している可能性があることが研究で示唆されています。診断は通常、病歴、行動観察、両親や教師、本人による評価尺度などを含む総合的な評価に基づいて行われます。

ADD/ADHDの治療には、薬物療法、行動療法、教育や生活習慣の改善など、多方面からアプローチすることが多い。刺激剤や非刺激剤などの薬物療法は、集中力を高め、多動性を抑えることで、症状の管理に役立ちます。行動療法は、整理整頓、時間管理、衝動制御を改善するための戦略の開発に重点を置いています。さらに、教育や職場環境における配慮や支援は、ADD/ADHDの人にとって有益なものとなる可能性があります。

もし、あなたやあなたの知り合いが注意力や衝動性に問題がある場合、正確な診断と適切な治療法を提案するために、資格を持った医療専門家に相談することが重要です。

このページに掲載されている企業・サービス等の基本情報は、当社が委託する外部パートナーが各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載をしています。情報の正確さについては、万全を期して掲載しておりますが、当社がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、大変お手数ですが、お問い合わせフォームよりお問合せをお願いします)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当社は一切の責任を負わないものとします。当社は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。

-ブログ
-,

関連記事

自閉症スペクトラム障害(Autism Spectrum Disorder:ASD)

自閉症スペクトラム障害(Autism Spectrum Disorder:ASD)とは、コミュニケーション、社会的相互作用、行動に影響を及ぼす発達障害です。幅広い症状とさまざまなレベルの障害を特徴とし …

ブリーフセラピー(Brief therapy)とは

ブリーフセラピー(Brief therapy)は、ブリーフストラテジックセラピーやソリューションフォーカスブリーフセラピーとも呼ばれ、時間制限のある心理療法の一種で、クライアントの過去を広範囲に掘り下 …

疼痛障害(Pain disorder)とは

疼痛障害(Pain disorder)は、慢性疼痛疾患または慢性疼痛症候群とも呼ばれ、長期間(通常3~6ヶ月以上)続く持続的または反復的な痛みを特徴とする医学的状態を指します。怪我や病気に対する正常か …

トゥレット症候群(Tourette’s syndrome)とは

トゥレット症候群(Tourette’s syndrome)は、チックと呼ばれる反復的な不随意運動や発声を特徴とする神経疾患です。これらのチックは、突然、急速に、そしてしばしば突然起こります …

C群パーソナリティ障害(Cluster C personality disorders)とは

C群パーソナリティ障害(Cluster C personality disorders)とは、不安や恐怖を感じる行動を特徴とするパーソナリティ障害のグループ分けです。精神障害の診断と統計マニュアル(D …

キーワードを検索する

よく検索されるオンラインカウンセリングサービスの評判口コミ

相談内容からオンラインカウンセリングの評判口コミを探す

仕事・職場関係の評判口コミ

出産・育児・子育て関係の評判口コミ

メンタルヘルス・依存症関係の評判口コミ

恋人・恋愛・結婚関係の評判口コミ

家族・夫婦関係の評判口コミ

子供関係の評判口コミ

キャリア関係の評判口コミ

お金関係の評判口コミ

その他の評判口コミ

利用方法からオンラインカウンセリングの評判口コミを探す