ブログ

発達性協調運動障害(Developmental Coordination Disorder:DCD)とは

発達性協調運動障害(Developmental Coordination Disorder:DCD)は、失行症とも呼ばれ、子供や大人の運動協調に影響を与える神経発達障害です。DCDは、計画、組織化、およびスムーズで協調的な動作の実行が困難であることを特徴とします。

ここでは、発達性協調運動障害について、いくつかのポイントをご紹介します。

1.症状:DCDの人は、一般的に協調性や運動能力が低く、様々な形で表れます。靴ひもを結ぶ、道具を使う、手書きする、ボールをキャッチする、スポーツに参加する、などの動作が困難な場合があります。また、バランス感覚、空間認識、細かい作業にも苦労することがあります。

2.診断:DCDの診断は、通常、作業療法士、小児科医、神経科医などの医療専門家によって行われます。診断には、運動能力の総合的な評価と、発達歴や関連する困難の徹底的な評価が必要です。診断の過程では、標準化されたテスト、観察、本人やその両親、介護者との面接が行われます。

3.有病率:発達性協調運動障害は、学齢期の子どもの約5~6%が罹患していると推定されています。女児よりも男児に多く、その比率は約2:1です。この症状は、年齢や介入によって改善することもありますが、多くの場合、思春期や成人期まで持続しています。

4.原因について:DCDの正確な原因は完全には解明されていません。遺伝的要因と環境的要因が重なり、運動協調を司る脳領域の発達と機能に影響を及ぼすと考えられています。早産、低体重児出産、DCDや他の発達障害の家族歴がある場合、リスクが高まる可能性があります。

5.日常生活への影響:DCDは、個人の日常生活や学業成績に大きな影響を与える可能性があります。協調性の障害は、セルフケア作業、身体活動への参加、手書き、学業成績に影響を与える可能性があります。また、DCDは社会的、感情的な問題を引き起こす可能性があり、DCDを持つ人はフラストレーション、低い自尊心、仲間との交流の難しさを経験するかもしれません。

6.治療とサポート:DCDを治療する方法はありませんが、早期に発見し介入することで、困難を効果的に解決することができます。治療には通常、作業療法、理学療法、教育的支援を含む学際的なアプローチが必要です。これらの介入は、運動能力、協調性、機能的能力の向上を目指すと同時に、注意力、計画性、整理整頓などの分野における関連する問題にも対処します。

7.対処法:DCDの人は、様々な対処法を学び、実行することで利益を得ることができます。タスクを小さなステップに分ける、視覚的な補助や注意を促すものを使う、特定の動作を練習する、定期的な身体活動を取り入れる、これらはすべて協調性と機能全般を向上させるのに役立ちます。

ここに記載された情報は一般的な概要であり、DCDを持つ人は様々な障害やユニークな経験を持つ可能性があることに留意することが重要です。医療従事者や専門家に相談することで、より具体的な情報や指導を受けることができます。

このページに掲載されている企業・サービス等の基本情報は、当社が委託する外部パートナーが各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載をしています。情報の正確さについては、万全を期して掲載しておりますが、当社がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、大変お手数ですが、お問い合わせフォームよりお問合せをお願いします)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当社は一切の責任を負わないものとします。当社は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。

-ブログ
-

関連記事

神経性過食症・過食症(Bulimia nervosa)とは

神経性過食症・過食症(Bulimia nervosa)は、暴飲暴食の後に、自己誘発性嘔吐、過度の運動、下剤や利尿剤の誤用など、体重増加を防ぐための代償行動を繰り返すことを特徴とする摂食障害である。神経 …

認知療法(Cognitive therapy)とは

認知療法(Cognitive therapy)は、認知行動療法(CBT)とも呼ばれ、機能不全に陥った思考や行動のパターンを特定し、修正することに焦点を当てた心理療法として広く用いられています。1960 …

大うつ病(Major depression)とは

大うつ病(Major depression)は、臨床うつ病または大うつ病性障害(MDD)とも呼ばれ、持続的な悲しみ、絶望感、活動への興味や喜びの喪失を特徴とします。大うつ病の症状には個人差がありますが …

回避性パーソナリティ障害(Avoidant personality disorder:AvPD)とは

回避性パーソナリティ障害(Avoidant personality disorder:AvPD)は、社会的抑制、不適格感、批判や拒絶に対する過敏性などのパターンを特徴とする精神疾患です。回避性パーソナ …

認知行動療法(CBT)とは

認知行動療法(CBT)は、思考、感情、行動の関係に焦点を当てた、広く使われているエビデンスに基づいた心理療法の一形態である。CBTは、短期的で目標指向の療法であり、個人が困難の原因となっている役に立た …

キーワードを検索する

よく検索されるオンラインカウンセリングサービスの評判口コミ

相談内容からオンラインカウンセリングの評判口コミを探す

仕事・職場関係の評判口コミ

出産・育児・子育て関係の評判口コミ

メンタルヘルス・依存症関係の評判口コミ

恋人・恋愛・結婚関係の評判口コミ

家族・夫婦関係の評判口コミ

子供関係の評判口コミ

キャリア関係の評判口コミ

お金関係の評判口コミ

その他の評判口コミ

利用方法からオンラインカウンセリングの評判口コミを探す