ブログ

依存性パーソナリティ障害(Dependent Personality Disorder:DPD)とは

依存性パーソナリティ障害(Dependent Personality Disorder:DPD)とは、他人から世話を焼かれることを過剰に必要とする心理状態です。DPDの人は、一人でいることや、他者からの安心感を得ずに決断することに強い恐怖を感じることがあります。また、無力感や従順さを感じたり、自尊心が低くなったりすることもあります。依存性パーソナリティ障害について理解するための重要なポイントをいくつか紹介します。

1.依存と支援の必要性:DPDの人は、他者から面倒をみてもらいたいという圧倒的な欲求を持っています。人間関係、仕事、日常業務など、生活のさまざまな場面で、意思決定、安心感、指導を他人に依存することが多いです。

2.見捨てられることへの恐怖:DPDの人は、一人にされることや、自分自身に責任があることを恐れます。見捨てられることを避けるために、不健全な関係や虐待的な関係を容認してでも、とことん付き合うことがあります。

3.自信のなさ:DPDの人は、しばしば自尊心が低く、不全感を抱きます。また、自分の能力を疑ってしまい、日常生活での決断や仕事を自分でこなせなくなることもあります。その結果、常に他者からのサポートや確認を求めるようになります。

4.人間関係の構築と維持が困難である:DPDの人は、人間関係の構築や、人間関係の中で自分のニーズや欲求を主張することが困難な場合があります。また、過剰なほど順応的で、自分の意に反していても、他人の望むことに従ってしまうことがあります。

5.自立の回避:DPDの人は、責任ある立場や指導的な役割を避けることがあります。これは、指示や意思決定を他人に頼ることができれば、より快適で安全だと感じるからです。

6.一人でいるときの不安や苦痛:一人でいることは、DPDの人にとって苦痛です。サポートが必要な人がいない場合、無力感、不安、恐怖を強く感じることがあります。

7.精神的な問題を併発する:DPDは、不安障害、うつ病、人格障害など、他の精神疾患と併存することがあります。精神保健の専門家が総合的な評価を行い、併発している疾患があるかどうかを判断することが重要です。

依存性パーソナリティ障害の治療には、通常、心理療法、特に認知行動療法(CBT)または精神力動的療法が含まれます。これらのアプローチにより、より健康的な対処法を身につけ、自尊心を高め、より効果的に自己主張することを学びます。また、不安や抑うつの症状がある場合は、その症状を管理するために薬物療法が行われることもあります。

もし、あなたやあなたの知り合いが依存性パーソナリティ障害やその他の精神衛生上の問題に苦しんでいるのであれば、資格を持った精神衛生専門家に専門的な助けを求めることが重要です。精神科医は、正確な診断を行い、個人のニーズに合わせた適切な治療計画を立てることができます。

このページに掲載されている企業・サービス等の基本情報は、当社が委託する外部パートナーが各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載をしています。情報の正確さについては、万全を期して掲載しておりますが、当社がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、大変お手数ですが、お問い合わせフォームよりお問合せをお願いします)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当社は一切の責任を負わないものとします。当社は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。

-ブログ
-,

関連記事

不安障害(Anxiety disorder)とは

不安障害とは、過剰で持続的な不安、恐怖、心配、または不安の感情を特徴とする一群の精神衛生状態を指します。これらの感情は、しばしば様々な身体的症状を伴い、人の日常生活に大きな影響を与えることがあります。 …

睡眠障害(Sleep disorders)とは

睡眠障害(Sleep disorders)とは、睡眠の質、タイミング、持続時間に影響を及ぼす状態を指します。睡眠障害にはいくつかの種類があり、それぞれ症状や原因が異なります。一般的な睡眠障害には、以下 …

強迫性パーソナリティ障害(Obsessive-Compulsive Personality Disorder:OCPD)とは

強迫性パーソナリティ障害(Obsessive-Compulsive Personality Disorder:OCPD)は、秩序や完璧主義、精神的・対人的なコントロール、余暇や人間関係を犠牲にして仕事 …

小児期崩壊性障害(Childhood Disintegrative Disorder:CDD)とは

小児期崩壊性障害(Childhood Disintegrative Disorder:CDD)は、ヘラー症候群や崩壊性精神病とも呼ばれ、小児に発症するまれな発達障害である。自閉症スペクトラム障害(AS …

注意欠陥障害(ADD)または注意欠陥・多動性障害(ADHD)

注意欠陥とは、注意欠陥障害(ADD)または注意欠陥・多動性障害(ADHD)のことで、注意力の低下、衝動性、多動性を特徴とする神経発達障害である。これらの疾患は、通常、小児期に発症し、成人期まで持続する …

キーワードを検索する

よく検索されるオンラインカウンセリングサービスの評判口コミ

相談内容からオンラインカウンセリングの評判口コミを探す

仕事・職場関係の評判口コミ

出産・育児・子育て関係の評判口コミ

メンタルヘルス・依存症関係の評判口コミ

恋人・恋愛・結婚関係の評判口コミ

家族・夫婦関係の評判口コミ

子供関係の評判口コミ

キャリア関係の評判口コミ

お金関係の評判口コミ

その他の評判口コミ

利用方法からオンラインカウンセリングの評判口コミを探す